将来の夢

 

今日はちょっとプライベートなことを。決意新たにした話です。

こんにちは。幸せを掴むボディメイクサロン Mutiara~ムティアラ~の
脂肪彫刻家(R) 服部雅代です。

 

子供の頃の夢って何でしたか?

私は幼稚園くらいの時はピンクレディになりたかったです。マイク持ってめちゃ踊っていました。

娘(4歳・年少)は大きくなったら小学生になりたい、と言っていました。

何と着実な、と笑ってしまいましたが、そんな娘もちょっと成長したようです。

 

娘を連れて実家に遊びに行った時のこと。

ばあちゃん(私の母)と買い物に行った帰り道、いっぱいお話をしてくれたそうです。(私はいない)

娘「大きくなったらかあちゃんみたいになりたいねん」

母「へえ。お母さんになりたいの?」

娘「うん!めっちゃかわいいし、なんでもできるし、めっちゃすごいねんで」

母「そう。お母さん、喜ぶわぁ」

 

帰ってきた母が私に一番に報告してくれました。

時に仕事を優先してしまうこともあり、専業主婦のお母さんに比べると
「娘と向き合っている時間が少ないんじゃないか」と自己嫌悪に思うこともあります。

何が正解なのか分からないこともしばしばです。

数ヶ月前までは「大きくなったら小学生になりたい」と言っていた娘が
今度は「お母さんになりたい」と言ってくれたことに、小さな答えが出ているように思ったりします。

答えではなく、シグナルかな。

シグナルをしっかり受け止めていきたいと思うとともに、

「かあちゃんみたいになりたい」

5年後も10年後もそう言われ続けるように頑張っていきたいと思います。


大好きなかあちゃん、と言って渡してくれました。ラブレターですね、大切にしたいと思います。