食欲が止まらない時はどうしたらいい?

こんにちは。幸せを掴むボディメイクサロン Mutiara~ムティアラ~の
脂肪彫刻家(R) 服部雅代です。

ご来店のお客様からいただくご相談に、

「最近、食欲が止まらないんです」「すぐお腹がすくんです」

があります。

昔はよく「そこを頑張って!」なんて励ましていたのですが、
そんな根性論ではなく、体のしくみにのっとった理由と解決法をお伝えしますね。

 

ちょっと食生活を振り返ってほしいのです。糖質ばかり食べていませんか?

糖質とは、スイーツやお菓子に限らず、パンにご飯、パスタ、ラーメンも含まれます。
カフェラテなどの飲み物にも糖質が含まれていますよ!

糖質の摂りすぎは、食欲増進を招き、空腹のイライラを止めることができません。

なぜか?

糖質はすぐに消化・吸収されるからです。

マラソン選手などが、スタート前にバナナなど糖質を補給してからスタートする話はご存知ですか?

あれは、糖質がすぐに消化・吸収され、エネルギーに変わるからです。

今すぐ必要なエネルギーとして使われるという、とても理にかなっているんですよね。

でも、運動前でもない通常の食事が糖質ばかりになってしまうと、消化・吸収が短時間で終わってしまい、
すぐにお腹がすいた感覚に陥るのです。

これでは困りますよね。


※糖質×糖質パターンの人は要注意!

 

では、どうすると食欲が収まるのか。

タンパク質を摂ることです。1日の目安は、体重の1/1000。
50kgの女性なら、1日50g必要です。(スポーツするならその1.5倍)

タンパク質は、消化・吸収にかかる時間は糖質より3~4倍ゆっくりです。

そのため空腹を感じにくいし、ストレス抑制ホルモンの材料にもなるので、空腹時のイライラも収まります。

 

ただ、偉そうに書いている私も、実は施術の合間によくお菓子を食べます。

施術が終わるとお腹がペコペコで、施術で消費するからかなと思っていたのですが

プロテイン(=タンパク質)のスープに切り替えたところ、お腹が空かなくなりお菓子が減りました。

同じようにお客様のYさんにも、おやつをチョコレートからさけるチーズに変更してもらいました。
(一番いいのはおやつは食べないことですが、いきなり難しい場合は内容を変更し回数を減らします)

また別のお客様Tさんは、3食がほぼ糖質に偏っていたため
タンパク質を補うために、朝は納豆、昼はゆで卵、夜はプロテインスープを追加してもらいました。

その結果、体脂肪が減り(筋肉量は変わらず)、疲労感が減ったと報告いただきました。

 

食べてもすぐお腹がすく、食欲が止まらないという方は、
まずは食生活を見直し、糖質を摂りすぎていないか今一度振り返ってください。

 

※食生活の改善が難しいという方は、施術で身体の気のバランスを整え、食欲を正常に戻す方法もありますよ。

そんな施術、ヒマラヤンセラピーはこちら

関連記事

  1. ダイエットを成功させるポイントとは?

  2. よくある質問『どのくらいの期間で痩せますか?』

  3. 夜遅く22時以降に食事をしてしまう人のダイエットのコツ

  4. イライラのストレスが溜まっている時にできること

  5. エステの痩身効果を長持ちさせる3つの方法

  6. 「痩せたいなら水を飲め」と言われたけれど、余計にむくみそうで…