「痩せたいなら水を飲め」と言われたけれど、余計にむくみそうで怖いあなたがやるべき事

こんにちは。幸せを掴むボディメイクサロン Mutiara~ムティアラ~の
脂肪彫刻家(R) 服部雅代です。

雨の日や湿気の多くなる季節になると、体の水分代謝が悪くなり「むくんでだるい」と言われる人が増えます。

友人のKさんもその一人。

「私はむくみやすいから、水分摂りたくないんです。
でも痩せるためには、むくんでも水分摂らないとダメですか?」

ダイエットには水分は絶対必要なのですが、
水分を摂ってもむくまずに、ダイエットに成功する方法をお伝えしますね。

まず、なぜ痩せるには水分が必要か?をお伝えしますね。

「太る」とは、脂肪細胞に余分なエネルギーが溜まったことで、脂肪細胞が大きくなったり増えた現象です。

この大きくなった脂肪細胞の周りに、老廃物を含んだ水分(リンパ液)が滞ってまといつき、
その周りをコラーゲン繊維が覆うことで、だんだん固くなっていきます。

これがセルライト。

この、脂肪からセルライトになる過程で、水分が奪われていきます。

このように太っていくので、痩せるためには反対の過程が必要です。

なので、痩せるためには水分が絶対に必要になるのです。

 

また、むくみも水分不足から引き起こされている場合があります。

水分が補給されないと、体は水分が不足していると判断、
今ある水分を細胞の中へとりこもうとします。これがむくみ。

むくみが生じると、血流を圧迫し老廃物も流れにくくなります。

血流が悪くなるため、体も冷えます。

体が冷えると代謝も落ちるので、痩せにくくなります。

むくみが悪化すると痩せにくくなるので、水分は必要なのです。

 

水分を摂ってもむくまない為には

 

水分は絶対必要なのですが、量や摂り方によって効果が半減します。

水は夏でもなるべく常温、量は1日1.5リットルくらいを目安にします。

何もしなくても体から1時間に100㏄の水が蒸発しているので、
1時間にコップ1杯の水分は摂ってください。

ミネラルウォーターが飲みづらい場合は、炭酸水(糖質・香料の入っていないもの)でもOKです。

また、水を飲むことに慣れない方は、
■夏ならハト麦茶・コーン茶
■冬なら黒豆茶
で補うのも手です。

これらは、「利水」作用といって、体に必要なところに水分を運び、不要な水分を流す作用があります。

※優先順位は、水 > 炭酸水 > ハト麦茶・コーン茶・黒豆茶 です。

 

水分を摂ってスッキリ痩せるには

 

水分を摂って、むくまずに痩せるのに必要なのは、深呼吸をすることです。

水分が入らない、飲めない方は、呼吸が浅い方に多いです。

ストレスがかかると呼吸が浅くなります。

呼吸が浅いと血流も悪くなると同時に、水分代謝も悪くなります。

深呼吸は体を温め、心の落ち着きを取り戻します。

脂肪を燃焼するのに酸素も必要です。

お客様のBさんは初来店時は慢性の便秘でお悩みでしたが、
水分とこの深呼吸で細くなった下腹・ウエストもキープされ、便秘も解消されました。

鼻から吸って口から吐く。

吐くことを意識して、体中の空気を吐き出すくらい吐ききってからお腹を緩めると
すーっと空気が入ってきます。それが深呼吸。

水分を摂ったらむくみそう、という方は、深呼吸も一緒に取り入れてみてください。

そして血流を良くして体温を上げ、ダイエットを成功させましょう!

水分代謝を整えるメニューはコチラ

【合わせて読みたい関連記事】ムティアラ流 深呼吸の方法

関連記事

  1. 冷え体質を変える方法

  2. エステの痩身効果を長持ちさせる3つの方法

  3. 食欲が止まらない時はどうしたらいい?

  4. なぜ痩せない?と思うならここを見直す

  5. ダイエットを成功させるポイントとは?

  6. 当店で目指す目標は体脂肪30%を切ること。その理由とは?